借金有りフリーター長曾我部はギャンブルジャンキー

借金有りフリーター長曾我部がギャンブルで法人設立を目指すブログ

コラム

金銭的に幸せな生活とは例えば20万稼ぎ10万で生活すること

いくらお金があれば幸せなのだろうか、という話をよく聞く。もちろん多いに越した事はないだろうが、額、というのはそれほど重要ではない気がする。

 

もちろん、借金まみれではよくない。「支出」が「収入」を上回るような事があってはならないのだ。

 

20万稼いで、10万で生活する

支払いと、収入の関係で最も重要なことは、常に『支出<収入』である事だ。

 

例えば宝くじが当たって莫大なお金が銀行にあったとしても、「お金が減っていくストレスや不安」は強烈である。

 

つまり、月に20万円稼いで、10万円で生活すれば良いのだ。

こうすれば毎月10万円お金が増え、将来の不安やストレス無く生きる事が出来る。

 

さらにこの「収入」は複数であるべきだ。

リスクヘッジ、というやつである。

 

給料以外でお金を得る

サラリーマンが一番堅実、というのは意味不明である。

サラリーマンの給与は、自分が健康で働き続け、且つ、会社の経営が良い時に限って支払われる。

 

サラリーマンとして働く事が悪いわけではない。ただ、これほどの厳しい条件で、ここに生活の糧をオールインするのは少々危険ではないだろうか。

 

リスクヘッジの為に、収入の柱を複数にしておくのがベター。

 

何でお金を得るのか、ハッキリ言ってそれは何でも良い。

自分が戦える場所、勝ち続ける事が出来そうな場所で勝負すれば良い。

 

お金で縛られる事のない人生を。

-コラム